バーミンガム大学 University of Birmingham

イギリス留学

バーミンガムの街

文化的・知的遺産都市バーミンガム

バーミンガムはロンドンに次ぐイギリス第二の都市です。イングランドの中心に位置し、ロンドンからは北西へ電車で2時間の距離にあります。産業革命当時にはダーウィンやマシュー・ボールトン、ジェームズ・ワット等科学者や投資家達がこの街に集い、知的議論を展開しました。近年はイギリスで若年層の人口が最も多くなっており、若い才能やベンチャー企業の力で成長を遂げています。治安面では、イギリス主要都市で最も犯罪率が低くなっています。

またバーミンガムは素晴らしい学生都市でもあります。様々な学生特典やナイトライフで特別な体験ができます。パーティー以外にも、あらゆる種類の音楽イベントやコメディ、演劇やロイヤルバレエ等の世界レベルの芸能が楽しめます。

国際空港もあり、イギリス国内やヨーロッパへ旅行するのに便利です。ストラットフォード・アポン・エイボン、歴史都市のオックスフォード、ウェールズの山々等、有名な街もバーミンガムのすぐ近くです。

国際色豊かな街

イギリス国内でも最も文化的に多様な街の一つであるバーミンガムは、人口の30%を異なる文化や生活習慣を持つ人々が占めており、様々な文化が混在する街になっています。食べ物や舞踊、演劇や祝祭にも多様性が表れています。
主要な宗教の祭りが開催され、中華街では旧正月を盛大に祝います。また、ダブリンとニューヨークに次いで最大のセント・パトリックスデーの祭りのほか、2011年4月にシーク教徒の祭りであるヴィサキが開催された際には、90,000人の人々が街に繰り出し、32,000人が2つのパレードに参加しました。

イベントでにぎわう街

バーミンガムはイギリスの中心という好立地にあるため、多様なイベントや祭典が開かれます。ナショナル・インドア・アリーナ(NIA)やLGアリーナ、O2アカデミーではコンサートが開かれます。また、イギリス最大のアートフェスティバルであるArtsfestが毎年開催され、地域のアートや文化的パフォーマンスが楽しめます。世界的に有名な国立展示場(NEC)は、モーターショーやフードショー等の国際イベント会場になっています。

バーミンガムの見所
  • 独立系アートシーンに勢いがあり、アート、映画、パフォーマンス、音楽等を存分に楽しめます。イギリスで最大の無料のアートフェスティバルArtsfestや、世界から6,000人もの観客が訪れる映画イベント、Flatpack Festivalが毎年開催されています。
  • バーミンガムは、インドとの関係の深さとインド料理で有名です。バルチ料理を提供するバルチ・ハウスが100件以上あります。多くは有名な“バルチ・トライアングル”地域に集中しており、毎週20,000人の客が訪れます。
  • 中心市街からごく近いところに、サットンパークがあります。首都以外の街にある公園としてはヨーロッパで最大の都市公園です。郊外にはマルバーンヒルズ、可愛らしいコッツウォルズ、ウォーリック城があり、日帰り旅行先として人気があります。
  • バーミンガム・ヒッポドロームはイギリスで最も賑わう人気のある劇場の一つで、毎年52万人が訪れます。
  • イギリスのコンピュータゲーム業界で働く人の18%がバーミンガム地域に集まっています。世界最速の売り上げ記録を持つ家庭用電化製品端末であるKinect(体感型ゲームシステム)は、この地域にあるレア社の社員が開発しました。
  • 毎年50,000人以上の人々が、世界的に有名なバーミンガム市交響楽団による様々な感動的な演奏を楽しみます。イギリスの他のどのオーケストラよりも多い観客動員数です。非常に正確で情熱にあふれとても繊細な次世代の指揮者であるアンドリス・ネルソンを迎え、動員数はますます増えることが予想されています。
  • バーミンガムのレストランは、ロンドン以外のイギリスの街で最も多くのミシュランの星を獲得しています。地元で人気のシェフ、グリン・パーネル、ルーク・ティッピング、リチャード・ターナーも、バーミンガムのおいしい食事への誇りを表明しています。
  • 毎年クリスマスには、フランクフルトマーケット目当てに非常に多くの買い物客が市街中心部に押し寄せます。フランクフルトマーケットはイギリスで最大の野外で開かれるクリスマスマーケットで、伝統的な手作りのおもちゃ、装飾品、宝石、プレゼントに加え、ドイツのマルドワイン、ビール、グリルソーセージが売られます。